oweの使い方は?owe A to Bの3つの用法など徹底解説!

スポンサーリンク

この記事では受験生にとっても必須ともいえる【owe】という動詞について書いていきます。

oweの使い方をマスターすることで、普通の受験生とは大きく差をつけることができるでしょう。

関連記事>>>文頭|文中|文末にあるinsteadの使い方を徹底解説!

oweの使い方|用法【自動詞の場合】

oweには他動詞と自動詞がありますが、ほぼ他動詞として使います。

※他動詞とは目的語をとる動詞、自動詞とはとらない動詞のことです

自動詞として使う場合は借りがある』という意味で用いoweの後ろにはforがきます。

例文 He still owes for his bag.

『彼はまだ自身のかばん代を支払っていない。』 

このように使います。

【owe A to B】の使い方|用法

 

owe a to b|使い方|用法

続いては、おかげ、借りるの意味で使うoweの他動詞の語法です。

【owe A to B】(Aは物、Bは人)の形で使うoweには、以下の3つの意味があります。

【owe A to B】 BにAを借りている

例文 I owe 5000 yen to my sister.

『わたしは姉に5000円借りている。』

【owe A to B】BにAの恩義がある 

例文 Nobita owes a lot to Doraemon.

『のび太はドラえもんにずいぶん恩義がある。』

【owe A to B】AなのはBのおかげだ

例文 I owe what I am to my parents.

『今のわたしがあるのは両親のおかげだ。』 

【owe A to B】の使い方の注意点

owe A to B|使い方|用法

ただし注意点があります。

これらはだいたい【owe A B】(Aは人、Bは物)の形に書きかえられるのですが、ひとつだけ書きかえられない意味があります。

最後の『AなのはBのおかげだ』という使い方は、【owe A B】に書きかえることはできません。

つまり

① I owe 5000 yen to my sister.

= I owe my sister 5000 yen.

『わたしは姉に5000円借りている。』

②Nobita owes a lot to Doraemon.

= Nobita owes Doraemon a lot.

『のび太はドラえもんにずいぶん恩義がある。』

➂ I owe what I am to my parents.

≠ I owe my parents what I am.(間違い)

『今のわたしがあるのは両親のおかげだ。』 

ということなのです。

ややこしいですが、整理して覚えてくださいね!

oweの用法まとめ

この記事の内容を簡潔にまとめてみます。

・oweはほぼ他動詞として使う

・【owe A to B】の形では3つの『借りている』『恩義がある』『おかげだ』の意味があるが

・『〜のおかげだ』という意味は【owe A B】に書きかえられない 

ということになります。

これらをしっかり覚えれば、受験に出てくるoweについては完璧です!

 

この記事に出てくる英文の和訳のやり方がわからない・和訳の基本的なコツをしりたいという方は

『 英文和訳のコツ|和訳の3ステップを1から解説!|練習問題つき 』をご覧ください。

 

 

 

4 件のコメント

  • oweの用法すごく分かり易かったです!!(^^)
    oweAtoB 用法の3番目って、AなのはBのおかげだ、じゃないんでしょうか?
    BなのはAのおかげにしたら、両親があるのは今の私だに、なってしまいませんか?
    すみません、少し混乱してるので私が間違ってるかもしれないんですけど‥

    • たしかに『AなのはBのおかげだ』ですね!
      修正いたしました。
      これからも、何か誤りがありましたら、指摘していただけるとありがたいです。
      コメントありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。
      こちらのミスでした、申し訳ないです。
      修正いたしましたのでご確認ください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)