with ingの意味は?『しながら』と訳す?文頭のwith ingの解釈は2通り!

スポンサーリンク

この記事は、with ing の意味や、文頭にあるwith ing場合の訳し方を解説しています。

with ingの意味は?『しながら』と訳す?文頭のwith ingの解釈は2通り!

 

with ing の意味は付帯状況のwithの意味

with ingと調べる人が意図している意味は、付帯状況のwithことでしょう。

付帯状況のwithとは、「主節であらわされていることと同時に起こっている事」です。

※主節とは文の中心になるS+Vのまとまり のこと

構造は、with + 名詞(O)+ 分詞(C)(~ingまたは~ed)です。

この名詞と分詞の間には、主語ー述語の関係があります。

注意点としては、withのすぐあとに分詞の~ingを置くことはできないということです。

 

誤りの例  

I picked up the phone with expecting bad news.

 

『悪い知らせを予想しながら私は電話を取った。』

整序問題などで、よくひっかかる人がいるので注意しましょう。

 

例文 

He sleeped for two hours with his bag opened.

(彼は、かばんを開けたまま2時間眠っていた。)

この例文では、主節 He sleeped for two hours(彼は2時間眠っていた) と同時に

  with his bag opened(かばんをあけたまま)が起こっている、ということです。

with ingとwith edの使い分け

with ing とwith edの使い分け方は、以下です。

-ing形は名詞と分詞の関係が能動関係

-ed形は名詞と分詞の関係が受動関係

これだけではわかりにくいので例文を見てみます。

 

例文(ing)

I made a speech with my heart beating.

『私は、心臓をどくどくさせてスピーチを行った。』

withの後の、my heartと beatingの関係は能動関係ですよね。(心臓ドキドキした)

 

例文(ed)

I quitted the company with my work finished.

『私は自分の仕事を終わらせ、その会社を辞めた。』

withのあとの、my workとfinishedの関係は受動関係ですよね。(仕事が終わらせられた

with ing は『~しながら』と訳す?

with ingの訳し方は基本的に、『~しながら』『~したままで』と訳します。

しかし、これらの訳にならない付帯状況のwithもあります。

 

例文

The cat sat here with her tongue hanging out.

『その猫は舌をだらっとさせて、ここに座っていた。』

 

たしかに、『舌をだらっとしたままで』と訳すこともできますが、『舌をだらっとさせて』のほうが自然ですよね。

入試の英語では、直訳が基本ですが、あまりにも訳が堅い場合は、意訳をまぜると自然な日本語になります。

文頭のwith ing(付帯状況)の解釈

付帯状況のwithを文頭に使うと、強調の意味を持ちます。

 

With his eyes closed, he ate breakfast.

(目を閉じたまま、彼は朝食をとった)

 

with ing(付帯状況のwith)は基本的に、文末で用いられ、文に意味を補足するという役割が強いです。

ですので文頭にwith ingが来る場合は、強調の意味になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)