無生物主語構文の訳し方のコツを徹底解説!練習問題も掲載!

スポンサーリンク

『無生物主語構文』と聞いて、思わず顔をしかめる方も、多いのではないでしょうか?

でも安心してください。

この記事では無生物主語構文について、初心者でもわかりやすく解説していきます。

ではまず、無生物主語構文とはなにか、というところからです。

無生物主語構文とは何か?例文で解説

無生物主語構文とは、S(主語)V(動詞)X(その他の語句)で構成される、主語が無生物の文のことです。

では無生物とはなにかというと、そのままの意味で、生物ではないものです。

この無生物主語構文は、直訳すると日本語として不自然になる場合が多いです。

ですから、正しい訳し方を身に付けておく必要があるのです。

例をあげてみます。

Illness prevented his from going to school. 

これをなんと訳しますか?

直訳して、『病気が、彼が学校に行くのを防いだ。』などと訳したら、入試でいい点がもらえないことは明らかです。

これを『病気のため彼は学校に行けなかった。』と訳すと、自然な日本語ですよね。

次の項目で、どのようにすればこのような訳し方ができるのか解説します。

無生物主語の訳し方のコツ

無生物主語構文の訳し方のコツ・・・副詞節のように訳す

これだけです。

副詞節とは、接続詞+S(主語)V(動詞)X(その他の語句)のかたまりのことです。

例をあげてみると、If S V X、When S V Xなどです。

ちなみに、節と句の違いは、2語以上のかたまりのうち、SVがあるのが節、ないものが句となります。

副詞節のように訳すのとそうでないのでは、採点にあたえる印象がかなり違います。

訳すときに使う主な副詞節 

1  ~の時 (=when)【時】

2  ~ならば (=if)【仮定】

3  ~するためには (=in order to)【目的】

4  ~であろうとも (=though)【譲歩】

5  〜なので (because)【理由】

ひとつ練習してみましょう。

訳してみてください。

A detailed investigation will take at least a full month.

考え方は以下です。 

主語をみると A detailed investigation となっているので、無生物だとわかりますね。

どの副詞節のように訳すかは、ひとまずおいときます。

次に動詞をつかみます。

動詞はtakeですね。

takeのSVOの文型なので、『SするのにOかかる』という意味になります。

つまり、「詳しく調べること」は「まる一ヶ月」を「必要とするだろう」と直訳できます。

そして、後回しにした A detailed investigation をどの副詞節のように訳すかを考えます。

ここでの適切な副詞節は3番の 〜するためには【目的】 がよさそうです。 

ですから自然な日本語に訳すと、「詳しく調べるためにはまる一ヶ月はかかるだろう」となります。 

うまく訳すことができたでしょうか?

make,enableなど無生物主語構文でよく使われる動詞

さきほど、無生物主語構文でよく使われる副詞節を紹介しました。

こんどは、無生物主語構文でよく使われる動詞を紹介します。

prevent ( 妨げる )

keep ( 妨げる )

stop ( 妨げる )

prohibit ( 妨げる )

surprise ( 驚かせる )

please ( 喜ばせる )

satisfy ( 満足させる )

frighten ( 怖がらせる )

excite ( 興奮させる )

disappoint ( がっかりさせる )

encourage ( 勇気づける )

take ( 連れて行く )

bring ( 連れて来る )

lead ( 連れて行く )

make ( ~ させる )

cause ( ~ させる )

enable ( ~ できるようにする )

force ( 無理に ~ させる )

compel ( 無理に ~ させる )

oblige ( 無理に ~ させる )

remind 人 of ( 人に ~ を思い出させる )

say ( ~ と書いてある )

tell ( ~ を示す )

show ( ~ を示す )

allow ( 許す )

permit ( 許す )

leave ( ~ にしておく )

keep ( ~ にしておく )

delay ( ~ を遅らせる )

give ( ~ を与える ) など

http://eigogakusyu-web.com/grammar/120/ より引用

これらをすべて覚える必要はありませんが、出てきたら、『無生物主語構文かな』と疑えるとよいです。

個人的には、prevent,make,enable,keep,cause,stop などが、よく見かけますね。

では最後にここまでのことをふまえて、練習問題をやってみましょう。

無生物主語構文の和訳練習問題

では以下の三つの文を日本語に訳してみてください。

難易度としては、基礎〜標準レベルです。

 1 The bad weather prevented them from launching the rocket. 

 2 Circumstances didn’t permit him to help her.

 3 That road will take you to the post office.

解答

1 悪天候が(彼らから)、ロケットの打ち上げを妨げた。

⇒悪天候によって(彼らは)ロケットを打ち上げることができなかった。

2 事情が彼に、彼女を手伝わせるのを許可しなかった。

⇒事情があって、かれは彼女を手伝うことができなかった。

3 あの道があなたを郵便局に連れて行く。

⇒あの道をいけば郵便局に行ける。

練習問題の解説 

1番は『〜によって』と、理由の副詞節のように訳すと自然です。

2番も日本語にはあまり表れてませんが、理由の意味をふくんでいます。

3番はif節のように『〜すれば』と訳すと、自然な日本語になります。 

まとめ 

この記事の内容を簡潔にまとめます。

・無生物主語構文は副詞節のように訳す 

・よく使われる副詞節の意味は

1  ~の時 (=when)【時】

2  ~ならば (=if)【仮定】

3  ~するためには (=in order to)【目的】

4  ~であろうとも (=though)【譲歩】

5 〜なので (because)【理由】

 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
何かありましたら、コメントからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)