駿台模試の難易度・レベルを【元駿台生】が全種類解説!

スポンサーリンク

この記事では、駿台のあらゆる模試の種類と、模試ごとの難易度・レベルを元駿台生が詳しく解説しています。

駿台の模試は難しい、とよく言われていますが、難しいのは『駿台全国模試』などの一部の模試だけです。

2018年模試の日程>>

2018年大学受験の模試日程まとめ【駿台|河合塾|東進】

駿台記述模試の難易度・レベル

駿台の記述模試には、主に


・駿台全国判定模試
・駿台全国模試
・東大実戦模試、京大実戦模試など各大学模試

があります。

駿台全国判定模試の難易度

駿台全国判定模試

http://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/index.html より引用

駿台全国判定模試は、基礎から標準レベルの問題が多く出る模試で、母集団のレベルも高くはありません。

名前が似た模試に『駿台全国模試』がありますが、『駿台全国模試』のほうが難易度がかなり高いです。

実際、数学が得意な僕の友達は、『駿台全国判定模試』模試で数学満点を取っていました。

ただ、多くの高校生が受ける進研模試よりもレベルは高く、国立大学(旧帝大を除く)を受験する方向けです。

駿台全国模試の難易度

駿台全国模試

http://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/index.html より引用

一言でいうと、駿台全国模試は難関大学志望の方の模試です。

駿台全国模試は、標準~難の問題が多く、母集団のレベルも高いです。

上の『駿台全国判定模試』より難易度がぐっと上がります。

平均点が30点代なのが普通で、難しいときには平均点が30点を割ります。

実際、僕が駿台全国模試で英語120点(200点満点)を取ったときには、偏差値が70を超えました(旧帝大医学部レベル)

どの教科も難しいですが、特に数学はかなりの難易度で、苦手な人は心を折られる可能性が高いです。

さらに詳しく駿台全国模試を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。⇓

駿台全国模試の難易度・レベルは?偏差値が低く出る!?

東大実戦模試・京大実戦模試など大学ごとの模試

駿台の実戦模試(大学ごとの模試)には、東大・京大・阪大・神戸大学・名大・九大・東工大・一橋大・北大・東北大向けの模試があります。

難易度としては、河合塾の大学向け模試(オープン模試)よりは難しく、東進の大学向け模試(本番レベル模試)よりは易しい傾向があります。

しかし基本的には、各大学ごとの難易度に合わせてあるので、その大学を志望する方は受けることをおすすめします。

駿台マーク模試の難易度・レベル

駿台の記述模試には、主に


・駿台・ベネッセマーク模試
・大学入試センター試験プレテスト

があります。

駿台・ベネッセマーク模試の難易度

駿台・ベネッセマーク模試は、センター試験形式の模試となります。

問題の量・質ともにセンター試験に合わせてつくられており、駿台だからといって難易度が高いということはありません。

ただ、河合塾の全統マーク模試というセンター試験形式の模試よりは、やや難しいかなというレベルです。

大学入試センター試験プレテストの難易度

大学入試センター試験プレテストは、『駿台・ベネッセマーク模試』のセンター試験着前に行われるバージョン、と考えればよいです。

なので、質・量ともに駿台・ベネッセマーク模試と変わらず、直前期にセンター試験の雰囲気を想定して、同じようなレベルの模試を受けたいという方に最適です。

模試の難易度比較記事>>

【大学受験】模試のレベルや難易度を徹底比較【駿台|河合塾|東進|ベネッセ】

駿台の合格体験記2018【医学部・東大・京大・早慶など】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。