【スピードラーニング】は効果なし 騙されないためには?

スポンサーリンク

スピードラーニングに効果がない理由

今回は少しだけ受験とそれるかもしれませんが、スピードラーニング等の教材について書きたいと思います。

スピードラーニング等の聞き流すだけで英語が話せるようになるというのは、ありえません。効果があると言っている人の言い分を聞いてみると、赤ちゃんは聞き流すだけで話せるようになってるじゃないか!などですね。

反論してみますと、私たちは既に大人であり既に赤ちゃんの頃に持っていた聞き流すだけで言葉を習得するという能力は、失われています。例えば、大人になると単純暗記が苦手になり理性的な考えに基づいた覚え方が効果的になっていますよね。実際に、第二言語を習得する時にはかなりの時間と努力が要ります。また実際に話せるようになったというレビューがありますが、本当のところは誰が書いているのかわからないです。

これは以前にも書きましたが僕の先生に、受験英語と実用英語のエキスパートの方がいらっしゃいます。詳しくは伏せますが、国連英検の特A級という外交官レベル以上の級を取得しており、またその先生に教わった生徒たちは僕を含め模試の偏差値が普通に70を越えます。

その人が言うことには、ちゃんと英語が話せるようになるためには、最低限の単語や熟語の知識をもって外国に少なくとも三年は留学する必要があるということです。またスピードラーニングは効果がないとはっきりおっしゃっていました。

詐欺教材(英語)に騙されないためには 

スピードラーニングを作っている人は確実に効果がないとわかっていると思います。けれども、それを大手を振って売り出しているということは、少なからずだましているという自覚があってもおかしくはないと思います。

今の日本は資本主義ですから法に触れない範囲で、売れれば勝ちという考え方もあっていいとおもいます。しかしこのブログを見に来てくれる数少ない人たちだけでも騙されないで欲しいと思います。

ではどうすれば騙されずに英語の力を伸ばせるかといいますと、受験教材として売り出されている有名な参考書を使ってください。なぜ大学受験向けの参考書を買うべきかというと、受験参考書市場は競争が激しくイマイチな参考書はすぐに淘汰されてしまうからです。それによって価値のある参考書のみが書店に並んでいるわけです。

または信頼できる先生を見つけてその人がどんな風にして英語の力(スピーキングでもリスニングでも大学受験でも)を伸ばしたか聞いてみるといいと思います。成功するためにはその道の成功者の意見を聞くことがかなり大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)