2020年 社会福祉士国家試験 合格ライン(合格点)は?【第32回】

スポンサーリンク

この記事では、2020年 社会福祉士国家試験 合格ラインをまとめています。

関連記事>>

第31回 社会福祉士国家試験 解答速報【2020年】

2020年 社会福祉士国家試験 合格ライン(合格点)は?【第32回】

2020年 社会福祉士国家試験 合格ライン【第32回】は以下の引用やツイートからご覧いただけます。

社会福祉士国家試験の合格ライン

①91点〜100点

条件

1.第30回試験構成と同様になること(捻った問題が少なくて、基礎的な内容中心の出題であること)

2.合格率が28%を上回ること

理由

・第30回試験であと数点で悔しい思いをした受験生の母集団が全体の上位数十パーセントを占めることが予想されるため。

更に磨きをかけて再受験に挑まれることで、全体的に平均点が上回ることが想定される。

・新規受験生も昨年度試験の情報を事前に入手していることで(学校やネット等から)、6割ではなくて7割超になることを想定して受験に望むことが想像できる。

・受験料が1万円を超えたことで、記念受験組が減ることが想定される。

②85〜90点

条件

1.試験構成が第30回試験のような基礎的な問題を中心にしたものだけではなくて、奇門・難問が散りばめられたような複雑化した出題が増加すること

2.合格率が25%を上回る可能性があること

https://www.zettaigoukaku.com より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)