sayの直接話法と間接話法の違いは?toldに書きかえる?

スポンサーリンク

この記事は、sayの直接話法と間接話法について、丁寧に解説しています。

sayの直接話法と間接話法の違いは?toldに書きかえる?

簡単に直接話法と間接話法について説明すると、

 

直接話法・・・セリフ(聞いた言葉)をそのまま引用する場合

間接話法・・・セリフを(聞いた言葉)を自分の言葉で言う場合

 

です。

sayの直接話法と間接話法の違いは?

ではsayの直接話法と間接話法を、まず例文でみてみましょう。

 

直接話法の例文 

 Misa said, “What time will you be home?” and Kira said, “I don’t know! “

ミサは、『あなた何時なら家にいるの?』と言った。『わからないよ』とライトは答えた。

 

直接話法では、聞いた言葉をそのまま引用しますよね。

直接話法を使うときは、 そのセリフを変えずに引用符(” “)の間に入れます。かぎかっこのようなイメージですね。

今聞いた何かを話したり、以前の会話を誰かに話す場合に使います。

 

間接話法の例文

She told him she was unhappy.

『彼女は彼に、自身が不幸だと言った』

 

間接話法では、基本的に過去について話すときに使用します。

つまり、聞いたセリフの時制を変更する必要があります。

※例文では  she was unhappy と書いてありますが、

実際彼女(she)が言ったのは “She is unhappy “ですよね。

参考 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1443172014

sayとtoldは書きかえられる?

ここで大事なことは、直接話法と間接話法は書きかえができるということです。 

 

直接話法

She said, “I love Nancy.”

彼女は、『私はナンシーを愛している』と言った。

 

この文を間接話法に書きかえると、

 

間接話法

She said that she loved Nancy.

彼女は、ナンシーを愛していると言った。

 

日本語訳は微妙に違いますが、根本的な意味は同じです。

toldを使っていないじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、toldとsayを書き換えるのは誰に言ったかが示されている場合です。

She said to me, “I love Nancy.” → She told me that She loved Nancy.

誰に言ったか(この場合はme)が示されている場合は、say to をtoldに書き換えていますよね。

示されていない場合(さきほどの She said, “I love Nancy.” など)はsayをsay でそのまま書きかえられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。