rememberの使い方や語法を解説!思い出す?覚える?覚えている?

スポンサーリンク

今回はまぎらわしい意味が多い、rememberについて解説していきます。

この記事を読めば読む前より、rememberについて、見違えるほど知識がついているはずです。

思い出す(recollect,recall)の意味で使うremember  

rememberの意味でよくしられているのが、『思い出す』ではないでしょうか。

実際、入試にもこの使われかたでよく出てきます。

例文をみてみましょう。

I can’t remember her name.

『わたしは彼女の名前が思い出せない』

I suddenly remembered that I had some homework to do.

『わたしは宿題があったことを突然思い出した。』

この意味のrememberは、recall,recollect といった単語と書きかえが可能です。

ちなみに『思い出す』は、動作動詞(動作を表す動詞)です。

覚えている(retain)の意味で使うremember

 

次は『覚えている』の意味で使うrememberです。

この意味も入試ではよく問われます。早速例文をみてみましょう。

I’ll remember your kindness forever.

『あなたが親切にしてくれたことはずっと忘れません。』

You should remember that time is money.

『時は金なりということを忘れてはいけない。』

例文を見るとわかるかもしれませんが、『覚えている』という意味で、『忘れない』という日本語がよくつかわれます。

この意味のrememberは、retainで書きかえが可能です。

ちなみにこのrememberは状態動詞(状態をあらわす動詞)です。

覚える(memorize)の意味で使うremember

 

次は、『覚える』の意味のrememberです。

この使われかたはあまり見ませんが、出てきた時にちゃんと訳せるようにしましょう。

例文をみてみます。

I want to remember his name.

『わたしは彼の名前を覚えたい。』

remember a lot of English idioms 

『英語の熟語をたくさん覚える。』 

この意味でのremember は、memorizeで書きかえられます。

参考までにこのremember は動作動詞です。

remember to V/remember Vingの訳し方を例文で解説

 

こんどは

remember to V/remember Ving

の訳し方を解説していきます。

これらの違いはそれほど難しくありません。 

remember to V『忘れずに…する』

remember Ving 『…したことを覚えている』 

これだけです。

例文をみるとより明確に違いがわかります。 

Did you remember to post my letter?

『忘れずにわたしの手紙を出してきてくれたでしょうね。』

I remember posting your letter.

『わたしはあなたの手紙を出したことを覚えている。』

Please remember to pick up the laundry on your way home. 

『帰る途中で忘れずに洗濯物をとってきてください。』

I remembered picking up the laundry on my way home.

『帰る途中に洗濯物をとってきたことを覚えている。』

つまり、

remember to Vはこれから先のことを言い、remember Ving は、すでに完了したことを言うときにつかうのです。

まとめ 

では、最後にこの記事のポイントをまとめてみたいと思います。

【他動詞のrememberの意味】

①思い出す②覚えている➂覚える 

【remember to V/remember Ving】

remember to V『忘れずに…する』

remember Ving 『…したことを覚えている』 

となります。

この記事ではいろいろ書いてきましたが、まとめさえ覚えてくれれば、普通の受験生よりかなりリードできます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何かありましたら、コメントからお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)