『模試の結果が悪すぎる』のは勉強法が悪いから!

スポンサーリンク

『模試の結果が悪すぎる』

『どう勉強していいかわからない』こんな悩みを抱えていませんか?

この記事は、模試の結果が悪かった人に向けて正しい勉強法を解説していきます。

模試の結果が悪くても落ち込むのは無意味|志望校合格は可能

模試というのは、志望校にこのままだとどれくらいの確率で合格できるのかを示すものであって、実際の合格率を表してはいません。

もし、今落ち込んでやる気をなくしても、どんどん勉強時間がなくなってさらに、合格しにくくなるだけです。

模試の結果が悪いときの3つの勉強法

基本的に、模試の結果が悪いのは勉強法が間違っているからです。

もちろん、『地頭のよさ』という要素もありますが、受験においてはそこまで関係ありません。

なので、そのまま独学で勉強しても、成績が伸びる可能性は低いです。

そこで必要なのが、受験のプロによる指導です。

家庭教師やプロ講師に教わる、または、プロが作りこんだ教材を勉強することで、学力の壁を壊せる可能性が高くなります。

家庭教師に教わる

 

オンライン授業を受ける

 

通信講座で勉強する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)