2018年|京大入試の合格最低点予想【駿台&河合塾】

スポンサーリンク
センター試験の参考書を捨てるなら学参プラザ が使い勝手がよかったです。

詳しく知りたい方はこちら>>

『いらない参考書の捨て方|普通に捨てると〇万円の損!

 

急上昇記事>>

物理・化学・生物・地学の平均点予想も更新しました⇓

 

2019年 センター試験 平均点予想|予備校&受験生の予想!

 

2019年 センター試験『死んだ』『難化』『爆死』感想まとめ!

 

センター試験【2019年】平均点や解答速報の発表はいつ出る?何時頃?

 

この記事では、2018年京都大学の入試の各予備校の難易度評価と、合格最低点の予想をまとめています。

目次

各科目の難易度は難化か易化か【駿台|河合塾】の予想

駿台と河合塾のホームページからから、各科目の難易度変化を見てみます。

駿台は【難化|昨年並み|易化】の3段階で、河合塾は【難化|やや難化|変化なし|やや易化|易化】の5段階で評価しています。

どちらかというと、駿台のほうが難化判定を出しやすいようです。

英語は駿台が昨年並み|河合塾は変化なし

英語の難易度判定は、駿台も河合塾も評価は同じでした。

理系数学は駿台が易化|河合塾はやや難化

理系数学の難易度評価は、駿台と河合塾で難易度評価が割れました。

文系数学は駿台が難化|河合塾はやや難化

文系数学は、駿台と河合塾も難化傾向と言っています。

理系国語は駿台が昨年並み|河合塾はやや易化

理系国語は、昨年並み~やや易化のようです。

文系国語は駿台が昨年並み|河合塾はやや難化

文系国語は、昨年並み~やや難化のようです。

物理は駿台が難化|河合塾は難化

物理に関しては明らかに難化したようです。

化学は駿台が易化|河合塾はやや易化

物理とは違い、化学は易化のようです。

生物は駿台が昨年並み|河合塾は変化なし

生物は、両予備校とも難易度変化はないと評価しました。

日本史は駿台が昨年並み|河合塾は変化なし

日本史は、両予備校とも難易度変化はないと評価しました。

世界史は駿台が易化|河合塾は変化なし

世界史は易化の傾向がありました。

地理は駿台が昨年並み|河合塾はやや難化

地理に関しては、昨年並み~やや難化のようです。

京大受験生の合格最低点予想|2018年

予備校の難易度評価から、京大の合格最低点を予想してみます。

※予想最低点を超えたからといって、合格を保証するものではありません。

京都大学|理系の合格最低点予想

最初は理系の合格最低点予想です。

工学部<地球工学科>

559点

工学部<建築学科>

575点

工学部<物理工学科>

581点

工学部<電気電子工学科>

534点

工学部<情報学科>

593点

工学部<工業化学科>

560点

農学部

628点

医学部<医学科>

889点

医学部<人間健康科学科>

520点

薬学部<薬学科>

570点

薬学部<薬科学科>

558点

総合人間学部(理系)

427点

教育学部(理系)

544点

経済学部(理系)

550点

理学部

700点

京都大学|文系の合格最低点予想

次に、文系の合格最低点予想です。

教育学部(文系)

530点

法学部

489点

経済学部(文系)

507点

総合人間学部(文系)

459点

文学部

455点

関連記事>>

京大の得点開示まとめ【2018】合格者・不合格者【京大開示祭り】

 

2018年京大の合格者最低点・合格最高点が発表!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。