中学生の子どもが勉強しない理由とは?イライラしても解決しません

スポンサーリンク

・子どもが全然勉強をしてくれない
・本人のために『勉強しなさい』と言っているのに、反抗してきてイライラ

このような悩みを抱えていませんか?

特に中学生くらいの子どもは、親に反抗したい時期なので、親がいくら勉強の重要性を説いても、逆効果です。

この記事では、中学生くらいの子どもが勉強しない理由と解決方法をまとめています。

中学生の子どもが勉強しない理由とは?

ぶっちゃけ、親がいくらいっても、子どもは勉強したくないという意志があるので勉強しません。

特に中学生の時期は反抗期と重なるので、『勉強しなさい』といっても反発されます。

もちろん子どもも、勉強の重要性は頭の片隅でわかっているのですが、勉強したくないという気持ちのほうが強いです。

また、中学生は部活や学校行事などで小学生のときより忙しくなりますよね?

人間関係が複雑になり、子どもの行動範囲が広くなると、ますます勉強への比重がさがってしまいます。

子どもが勉強しないのは、勉強以外のことに興味や関心が移ってしまうからというのも大きな理由なのです。

イライラをためないで子どもに勉強させる方法は家庭教師

結局、反抗期の時期と重なることや、興味・関心が広がってしまうことで、子どもは勉強しなくなります。

このような中学生くらいの子どもに、自主的に勉強させるのは極めて難しいです。

これは親の責任でも子どもの責任でもなく、仕方のないことです。

解決方法としては、半強制的に勉強する環境を作ることです。

半強制的に勉強する環境を作るには、家庭教師がおすすめです。

もちろん、通信講座や、塾という手もありますが、通信講座は強制力が弱く、塾はサボろうと思えばいくらでもさぼれます。

家庭教師ならば毎週2~3回、決まった時間に強制的に勉強する時間をつくり、宿題も出されるので、勉強する環境を整えるのに適しています。

家庭教師のランナーは、勉強が嫌いな子ども専門の家庭教師です。 

・先生が合わないときは何回でも交代可能

・やる気が落ちてきた時のやる気再注入訪問システム

・毎月の指導報告書提出により子どもの様子が詳細にわかる

といったシステムがあり、勉強しない子どもにぴったりの家庭教師です。

今なら、無料体験で1,000円分のQUOカードをもれなくプレゼントキャンペーンも行っているので、申し込みは今がお得です。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

※『家庭教師をつけるのは高いしちょっと・・・』という親御さんには、通信教育がのZ会 がおすすめです。

家庭教師より強制力は弱いですが、Z会の質は通信教育の中でピカイチなので、うまくはまれば子どもの学力がグンと伸びる可能性があります。

資料請求は無料なので、迷ったらしておいたほうがお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。