文頭|文中|文末にあるinsteadの意味・使い方を徹底解説!

スポンサーリンク

英文を読んでいると結構な頻度で『instead』という単語に出会うのではないでしょうか。

instead文頭文中文末のどこにでもくる単語なので、使い方が難しい単語のひとつです。

この記事ではinsteadのあらゆる使い方について、徹底的に解説しています。

※insteadの基礎知識 

insteadは基本的に副詞として用い、『その代わりに』『それよりも』といった意味になります。

insteadの文頭での意味・使い方

instead|文頭

最初は、文頭での使い方です。

例文 

 

I could not play tennis. Instead I play basketball.

 

『私はテニスができなかったので、代わりにバスケットボールをした。』

insteadが文頭で使われる場合、

S V X. Instead , S V X.

のように使われます。

(Sは主語、Vは動詞、Xは修飾語句を表します。)

この時、insteadは、最初のS V Xという文を修飾しています。

つまり、『テニスをする代わりに』という意味になっています。

insteadの文中での意味・使い方

次は文中でのinsteadの使い方です。

例文 

 

Obama refused to take a train, so the company provided car transportation instead to take him to his destination.

 

『その会社はオバマが自身の目的地に着くように、代わりに車の交通手段を用意した。』

insteadが文中で使われる場合、

『S V X. S V instead X. 』

『S V X. S instead V X.』

といった形で使われます。

ピリオド(.)ではなくカンマ(,)で2文がつながれることも多いです。

このinsteadがどこを修飾しているかというと、最初に出てくるS V Xです。

例文では、

Obama refused to take a train

の『代わりに』ということです。

insteadの文末での意味・使い方

instead|文末

最後は文末での使い方です。

文頭・文中・文末の中では、文末での使い方がいちばんややこしいです。

例文 

 

We ordered coffee , but we were served tea instead.

 

『私たちはコーヒーを頼んだが、出されたのはお茶だった。』

このinsteadはどこを修飾していると思いますか?

実は、We ordered coffeeの部分です。

一見、この instead は

we were served tea

を意味的に修飾しているように見えますが、必ず前の文を修飾しています。

構造的には、S V X, S V X instead. という形で、初めのS V Xを修飾しているということです。

この程度の英文なら意識しなくても意味がわかりますが、長い英文になると意味がとれなくなるので、必ず修飾部分を意識してください。

instead ofの意味・使い方

instead単体での使い方に比べると、instead of の使い方は簡単です。

『instead of…』で『…の代わりに』という前置詞句を作るだけです。

例文 

 

Mami sent her friend instead of coming herself.

 

『マミは、自身がくる代わりに友だちをよこした。』

instead ofが文頭にある場合も同じです。

例文 

 

Instead of scolding Mika, I praised her.

 

『みかをしかる代わりに、私は彼女をほめた。』

まとめ 

文頭・文中・文末のinsteadの使い方とinstead ofの使い方を解説しました。

大事な点は、どのinsteadもinstead より前にある文を修飾しているということです。

そこが理解できれば、どの位置にinstead がでてきても怖くはありません! 

こちらの記事も人気です↓

同格のthat節を例文で徹底解説!取れる名詞や関係代名詞との違いは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)