大学生は無気力になりやすい!?原因と改善方法を調査してみた

スポンサーリンク
センター試験の参考書を捨てるなら学参プラザ が使い勝手がよかったです。

詳しく知りたい方はこちら>>

『いらない参考書の捨て方|普通に捨てると〇万円の損!

 

急上昇記事>>

物理・化学・生物・地学の平均点予想も更新しました⇓

 

2019年 センター試験 平均点予想|予備校&受験生の予想!

 

2019年 センター試験『死んだ』『難化』『爆死』感想まとめ!

 

センター試験【2019年】平均点や解答速報の発表はいつ出る?何時頃?

 

この記事では、大学生の無気力感について、原因と改善方法を調査し、まとめています。

大学生が無気力になりやすい原因(スチューデントアパシー)

無気力な大学生いっぱいいます。

無気力度が重い場合は、家にこもってゲームやネットに熱中し、あげくの果てには留年を繰り返す人もいます。

大学生が無気力になる原因としては、


・大学の講義についていけない
・遊ぶ方がたのしいので、勉強する気がおきない

などがあります。

無気力になりやすい大学生の特徴はいくつかあります。

・真面目な人
・完璧主義の人
・将来の目標が定まってない人

しかし、必ずしもこういう人が無気力になるわけではないので、大学生が無気力になる原因はさまざまなのです。

大学生の無気力の改善方法を調査

大学生の無気力の改善方法を調査してみました。

無気力な大学生のツイートを見て、改善方法を発見しました。


・興味のあることを勉強する
・ひまだと無気力になりやすいので、あえて忙しくする
・お金を稼いで無気力の状態から脱出する

実際僕も、大学に入ってしばらくはやる気のない状態がつづいていましたが、副業をやりはじめて、少なくとも無気力ではなくなりました。

ちなみに副業で最近の1か月で20万円稼いでいます。

関連記事>>

『大学生におすすめの稼げる副業はアフィリエイトだけ!』

とにかく自分の興味のあることを見つけることが大事ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。