センター試験2020年【数学Ⅰ・A】の難易度を本気で予想!

スポンサーリンク

2018年センター試験の数学Ⅰ・Aが難しくなるのか、簡単になるのか、知りたい方も多いはずです。

そこでこの記事では、2018年センター試験数学Ⅰ・Aに絞って、過去のデータから難易度予想しています。

あくまで予想ですので外れることもございます。ご了承ください。 

2018年センター試験難易度予想は↓の記事をご覧ください。

2018年センター試験【数学Ⅱ・B】の難易度は【難化】と予想!

2018年センター試験【国語】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験【物理】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験【化学】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験を受けた受験生の生の声を見たい方は、↓の記事をご覧ください。

2020年 センター試験『死んだ』『難化』『爆死』感想まとめ!

センター試験当日に雪が降ったり遅刻しそうな場合は、↓の記事をどうぞ。

【2020年】センター試験当日に雪が降る地域と対策まとめ!

【2018年センター試験】遅刻や受験票を忘れた場合の対策!

センター試験2018年【数学Ⅰ・A】の難易度予想は難化!

2018年|センター試験|数学Ⅰ・A|難化|予想

まず、過去5年分のセンター試験の数学の平均点をみてみます。

数学(Ⅰ・A)

2013年・・・51.20点

2014年・・・62.08点

2015年・・・61.27点

2016年・・・55.27点

2017年・・・61.12点

 

数学Ⅰ・Aの平均点は、は50点~60点前後を、比較的安定して推移していますね。

2018年数学Ⅰ・A全体の難易度は難化すると予想します。

2016年の平均点が55点台であるのに対し、2017年の難易度は61点台と比較的上がっています。

これはセンター試験の数学の作問担当者が、平均点を60点に近づけようとした影響だと感じます。

ですので、2017年の平均点が60点を超えたことで、2018年の平均点は、下方修正され、難化するはずです。

大問別難易度予想|2018年センター試験【数学Ⅰ・A】

2018年|センター試験|数学Ⅰ・A|大問難易度予想

数学Ⅰ・A全体の難易度は易化すると予想しましたが、大問ごとの難易度も、平均点や近年の傾向から予想してみます。

過去のセンター試験数学の問題は、『平成29年度本試験の問題』から見ることができます。

第1問|1次関数・集合と命題・不等式

第1問の2018年の難易度は、平年並みと予想されます。

2016年の平均点は19.0点/30.0点、2017年の平均点は20.7点/30.0点でした。

第1問は毎年、難易度にそれほど変化はなく、基礎的な問題が出ることが多いです。

集合と命題では、たまに変化球の問題が来ますが、解けるところを確実に解いていきましょう。

問題集で基本的な問題を解けるようにして、過去問演習を積めば、高得点が期待できます。

第2問|図形と計量・データの分析

第2問の2018年の難易度は、難化と予想されます。

2016年の平均点は18.6点/30.0点、2017年の平均点は、22.8点/30.0点でした。

2017年の平均点が23点近くと、かなり高かったため2018年は難化とするはずです。

特に図形問題は、1度つまると、全く解けなくなる可能性があります。

つまづいたら、1度深呼吸をして心を落ちつかせるなど、対策が必要です。

第3問|場合の数と確率

第3問の2018年の難易度は、易化と予想されます。

2016年の平均点は13.9点/20.0点、2017年の平均点は平均点11.4点/20.0点でした。

2017年の平均点が、5割近くまで落ちたため、2018年は少し上がると予想されます。

場合の数と確率では、センターレベルを超えた問題がたまに出ます。

特に2010年の平均点は、8.60点/25.0点でした。

難しい問題は後回しにして、解けるところから解いていくのが鉄則です。

第4問|整数

第4問の2018年の難易度は、昨年並みと予想されます。

2016年の平均点は9.1点/20.0点、2017年の平均点は9.6点/20.0点でした。

整数問題は、標準的な問題が多く出るのですが、平均点はあまり高くありません。

逆に言えば、整数の問題で高得点をとれれば、他の受験生と差をつけることができます。

約数・倍数の性質や、ユークリッドの互除法など、しっかりおさえておきましょう。

第5問|平面図形

第5問の2018年の難易度は、難化と予想されます。

2016年の平均点は8.9/20.0点、2017年の平均点は14.4/20.0点でした。

2017年の平均点が高めなので、2018年は少し下げてくると予想します。

2次試験ではあまり使わない、『方べきの定理』『メネラウスの定理』などを確実に使いこなせるようにすることが、高得点への近道です。

まとめ

2018年センター試験【数学Ⅰ・A】の難易度は難化する、と予想されます。

もちろん易化する可能性もありますが、難化したときのことを想定しておけば、本番で失敗する可能性が減ります

どんな問題が出てきても対処できるよう、しっかり勉強しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)