【2018年センター試験】遅刻や受験票を忘れた場合の対策!

スポンサーリンク

大事なセンター試験に遅刻したり、受験票を忘れたりしたら焦りますよね。

この記事では2018年センター試験に遅刻したり、受験票をなくした場合の対処法を書いています。

【2018年センター試験】に遅刻しそうな場合

公共交通機関が大幅に遅延した場合、試験時間自体が繰り下げられる可能性があります。

この場合『遅延証明書』をもらうことを忘れないでください。

センター試験に遅刻した場合、20分未満ならば試験を受けることができます※英語のリスニングは遅刻したら受験できません。

また「地理歴史・公民」か「理科」を2科目受験する人は、20分未満の入室時刻に間に合わないと、2科目とも受けることができませんので注意してください。

これら以外の場合、受験票や冊子に書いてある問い合わせ先の大学に、電話してみてください。

【2018年センター試験】受験票を忘れた場合

センター試験当日、早めに受験会場に着ければ、『試験場本部』で再発行してもらうことが可能です。

このとき、学生証と身分証明書と写真が必要です。

『試験場本部』に行くことができなければ、受験する場所の試験監督に聞いてみてください。

受験資格がなくなることは無いはずです。

まとめ

センター試験に遅刻したり、受験票を忘れないように、前日に準備しておくことが大事です。

もしも忘れてしまったら、落ち着いて対処してください。

1番確実なのは、受験票に書いてある問い合わせ先大学に電話してみることです。

センター試験がんばってくださいね!

 

2018年センター試験難易度予想は↓の記事をご覧ください。

2018年センター試験【数学Ⅰ・A】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験【数学Ⅱ・B】の難易度は【難化】と予想!

2018年センター試験【国語】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験【物理】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験【化学】の難易度を本気で予想!

2018年センター試験を受けた受験生の生の声を見たい方は、↓の記事をご覧ください。

2019年 センター試験『死んだ』『難化』『爆死』感想まとめ!

センター試験当日に雪が降る地域とその対策については、↓の記事をどうぞ。

【2019年】センター試験当日に雪が降る地域と対策まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)